犬の爪切り

今回は犬の爪切りについてのお話です。

爪切りは室内飼いはもちろん、外飼いでも必要になってきます。仔犬の時からしっかりと慣らしていかないと爪切りが一苦労… というケースにもなりますよ。

サロンや獣医さんに切ってもらえばいいや… 何て安易に考えるとそっちの方が嫌がるケースもあります。

外飼いの場合には「環境・運動・散歩の量」で爪切りが不要な場合もありますが、5本目の爪「狼爪(ろうそう)」は短い指になり削れることが少ないので、切る必要があります。

外飼いの場合にでも爪は気にしておきましょう。爪はまぁ伸びれば切ればいいや… なんて安易に考えてはいけません。

人間の爪は伸びれば切れば良いのですが、犬の爪は伸ばすと「血管や神経も一緒に伸びてしまう」という違いがあります。そうなれば爪切りの際に短くするには、血管や神経も切らないといけなくなります。この状況になれば、歯石除去と同様に全身麻酔をかけての爪切りが必要になります。

爪切りを嫌がる犬が爪切りに慣れるようにする方法

外に出て散歩をする量にもよりますが、だいたい月1回ペースで爪切りを行うと良いでしょう。

犬の爪は根元から先まで同じ太さの円柱状なので、1回で切るよりも角を取るように角度を変えながら少しずつ切ると良いですよ。爪先が丸く仕上がれば爪が当たった時に痛くないです。

深爪をしてしまえば神経や血管を傷付けて出血をします。犬も痛い思いをすると爪切りを嫌がる様になります。あまりギリギリまで切ろうとしないで良いでしょう。

最初から綺麗に切るというよりは尖っている先端をカットする気持ちで良いです。

嫌がる場合には、おやつをやりながらや2人で行うと良いでしょう。

犬の爪切り

爪切りはどんなタイプが良いの?

フンド柴フンド柴

爪切りはハサミタイプのものよりも「ギロチンタイプ」の方が扱いやすいワン!またギロチンタイプは先が尖ってないので安全ですワン!

犬のギロチンタイプの爪切りを見てみる(楽天市場)

犬のしつけパーフェクトガイド!動画21時間🐶

犬の心理が分からない… 犬のしつけで困っている… など犬を飼えば必ず直面する問題ですよね。

一般的なペット犬ならばしつけさえ間違えなければ楽しい生活が待っていますよ。可愛いがるだけでは飼えません。

まずは下記の記事から1分ほどの動画をご覧ください。問題行動も一瞬で治っちゃうんですよ!

犬のしつけ