犬の散歩時間

一般的に小型犬・中型犬・大型犬の散歩の目安や、犬種による散歩の目安があります。

ですがあくまでも一般的な目安なので、それぞれに適正な散歩の時間は個体差があります。

歩けばいつまでも歩き続けてしまう… すぐに散歩に飽きてしまう… など運動量が少ないのか?それともオーバーワークなのか?今回はそんな「愛犬の適正な散歩時間の目安」についてのお話ですよ。

それぞれ違うお散歩時間の基準となる見極め方をお教えします!

まずは散歩から戻っても、元気で遊び足りないという様子であればもう少し散歩や運動をした方が良いです。散歩後にある程度落ち着き大人しくなればちょうど良い散歩時間でしょう。その状態を見極めてみて下さい。もちろんグッタリしているのはオーバーワークになります。

夏場の散歩は朝夕と涼しい時間に散歩を行います。強い日差し、照り返りなどがある時間帯は避けましょう。アスファルトも目玉焼きが作れるほど?熱くなりますので犬の火傷になってしまいます。熱中症や脱水など犬だけでなく飼い主も要注意ですよ。散歩の前には水分補給をしてから行きましょう。

小型犬の場合には、足りない散歩の分は室内のボール遊びなどでも補えます。特に 短吻種 は暑いのが苦手ですので、夏場には散歩を少し減らして室内遊びを多めにしても良いでしょう。

チワワなどの小型犬って散歩はいらないのでは!?そう思われている場合には下記の記事も参考にしみて下さいね。

犬のしつけパーフェクトガイド!動画21時間🐶

犬の心理が分からない… 犬のしつけで困っている… など犬を飼えば必ず直面する問題ですよね。

一般的なペット犬ならばしつけさえ間違えなければ楽しい生活が待っていますよ。可愛いがるだけでは飼えません。

まずは下記の記事から1分ほどの動画をご覧ください。問題行動も一瞬で治っちゃうんですよ!

犬のしつけ