犬の叱り方

犬の叱り方って難しいと感じることはありませんか?

叱らないとイタズラが助長してしまうのでは?でもどういうタイミングで?そしてどういう叱り方をすれば良いの?と考えたことはありませんか?

飼い主は叱ったつもりでも、本当に正しい意味で伝わっているのか?が不安になりますよね。

排泄にしても、トイレの場所でせずに別の場所でしてしまって叱る飼い主がいますが、このケースで叱ると「排泄行為自体に怒っている」と認識して、今度は隠れて排泄してしまうというケースもあります。

飼い主は「場所が違うので叱っている」つもりでも、犬は「排泄をしたので叱られた」という認識の違いですね。叱り方やタイミングは難しいですよね。

そもそも犬を叱るとはどういったことなのでしょうか?

叱る時の大事なポイントとは!?

叱る時のポイントを抑えておくと良いと思います。

まずは「若いうちに言って聞かせることが大事」になります。

今まで行っていた行動を大きくなってからダメだと叱っても矯正するのが難しくなるケースもあります。人間も一緒で高齢者になって色々言っても聞かないのと同じです(笑)人間も仔犬も小さい時の方が純粋に素直に聞き入れてくれます。特に犬の躾には  社会化期 が良いと言われます。この時期に家庭内のルールを教えると飲み込みが早いです。

大きくなって叱り犬が怒って唸るとかなると、飼い主が抑えるや叩くという方法に転換してしまうケースもあります。

愛犬がこれをやって良い悪いのラインは、家族の共通事項として決めておきましょう。例えばですが、リビングのローテーブルに犬を乗せる家族がいれば、テーブルに乗ると叱る家族がいる。となれば犬が困惑してしまいます。職場でも「あの人はこう言うけど、この人は違うことを言う」というケースで困るのと同じですよ。

また問題行動だけ取り上げてフォーカスするのではなく「その原因を突き止める方が重要」で、その原因を払拭すれば問題行動も解消されていくことがほとんどになりますよ。

フンド柴フンド柴

なぜ?こういう行動をしてしまうのか?その原因が分からないことには解決の糸口も見えてこないワン!

もっと今よりも犬の心理を理解したい、躾の方法や問題行動の解決方法を知りたい!そんな場合には「犬のしつけに関する記事」も読んでみて下さいワン!

犬のしつけパーフェクトガイド!動画21時間🐶

犬の心理が分からない… 犬のしつけで困っている… など犬を飼えば必ず直面する問題ですよね。

一般的なペット犬ならばしつけさえ間違えなければ楽しい生活が待っていますよ。可愛いがるだけでは飼えません。

まずは下記の記事から1分ほどの動画をご覧ください。問題行動も一瞬で治っちゃうんですよ!

犬のしつけ