パピヨン

パピヨンはスペイン原産の スパニエル とスピッツの血を引く犬種がフランスで改良された犬種です。

中世ヨーロッパの貴族階級の人々からの圧倒的な人気を誇り「マリー・アントワネット」の愛犬としても知られています(マリア・テレジアの娘でフランス国王ルイ16世の王妃)今回はそんなパピヨンの特徴や飼う上でのポイントを掲載していますよ。

パピヨンはフランス語で「蝶」を言い、見た目でも分かるように蝶の羽の様な耳の飾り毛が特徴です。一般的に立ち耳が多いですが垂れ耳のパピヨンもいて、個体によっては片方が立ち耳で片方が垂れ耳というケースもあります。

立ち耳をパピヨンと呼び、垂れ耳を「ファレン(蛾)」と呼ぶこともありますが、両方がパピヨンとして認められています。

性格は賢くプライドが高いです。運動面も機敏で活動的です。愛情要求も高いので飼い主と遊ぶことを好みます。

パピヨンの性格や特徴は!?

原産国 フランス
体高 ♂♀ともに20~30cm
体重 ♂♀ともに5kg以下
毛色 白が優勢で黒・茶・赤の斑・ トライカラー
飼い主への忠誠心 5.0
しつけのしやすさ 4.0
無駄吠え 2.0
食事のグルメ度 3.0
他犬との融和性 3.0
必要な運動量 2.0
丈夫さ耐病度 4.0
グルーミングの必要度 3.0
パピヨンの散歩時間や回数は!?

散歩は室内でも機敏なダッシュなどをしますので長時間は不要です。毎日30分程度で良いです。

パピヨンの抜け毛について

パピヨンは長毛種ですが トリミング 不要の犬種になります。

一般的なパピヨンは「 シングルコート 」のフランス系です。ですが日本にも「 ダブルコート 」のスウェーデン系のパピヨンもいます。ダブルコート種の方が抜け毛が多いです。毎日のブラッシングで抜け毛をケアしていきましょう。特に耳の飾り毛は入念に行います。

パピヨンはシングルコート種の中では抜け毛が少なくはありません。ですがダブルコート種よりは少ないので、抜け毛は中程度と言えます。抜け毛が多いと感じれば定期的に 抜け毛ケア を行いましょう。

パピヨンを飼う上でのポイント

パピヨン

パピヨンは猟犬スパニエルの血が入っていますので好奇心旺盛で活発的です。

しつけが難しくなく飼い主にも懐きやすい反面、プライドが高くワガママな面も見せますので「他の犬同様に躾は必須」ですよ。まぁ躾が不要な犬はいませんが、可愛いから自由にさせたい、そのうち覚えるだろうと考えるのは安易ですよ。

フンド柴フンド柴

パピヨンやチワワはかなりすばしっこくて機敏だワン!小型犬はこんな感じで部屋の中でも遊びと運動を併用して行えますワン!

管理人管理人

仔犬こ頃から人の手に慣れさせると、目の周辺や耳を拭いたり歯磨きも嫌がらずにしてくれるようになりますよ。

犬のしつけについては「犬のしつけ方法 動画で分かるパーフェクトガイド🐶」の記事をチェックしてみて下さいね。

犬のしつけパーフェクトガイド!動画21時間🐶

犬の心理が分からない… 犬のしつけで困っている… など犬を飼えば必ず直面する問題ですよね。

一般的なペット犬ならばしつけさえ間違えなければ楽しい生活が待っていますよ。可愛いがるだけでは飼えません。

まずは下記の記事から1分ほどの動画をご覧ください。問題行動も一瞬で治っちゃうんですよ!

犬のしつけ