犬マウンティング

犬が腰を振ることを「マウンティング」と言います。

マウンティングは基本的には性行動の一つになります。交尾前にオスがメスの背中に乗ります。ただし交尾以外のマウンティング動作はメスにも見られる行動になりますよ。

マウンティング動作は生まれて数ヶ月の頃から見られる行動です。性的な興奮の他にも何かの拍子で興奮した時やストレス、構って欲しい時などに見られます。

人へのマウンティングの意味は!?

犬同士でなく人間にマウンティングを行うこともあります。

人間に行う場合にでも「優位性のアピール」と言われることもありますが、実際には犬と同じくらいの体格の子どもを除けば優位性のアピースは少ないです。

人にマウンティングをする犬は従順であることが多く、興奮や構って欲しいという心理状況の方が可能性が高いです。ですが自由にさせていれば、そのうちに飼い主が舐められてしまうことも否めません。

人にマウンティングをしてきたら「すぐに離して無視をしてマウンティングをさせない」様にしましょう。

どんな場面でもマウンティングをするのはクセになっているから

マウンティングは、オスの精巣で分泌される「テストステロン」の影響を強く受けると言われています。この成分が多い犬ほどマウンティングを行います。そして去勢をすると徐々に減っていきます。

ただしマウンティングは学習要素があり、長期間続ける場合にはクセになり興奮すればどんな時にでもマウンティングをするような犬もいます。先述したようにすぐに離して人にマウンティングをさせないことです。

マウンティングには色々な意味があります

性欲を抑えられないケース

主に未去勢のオスや去勢から3年以内のオスに多く見られます。発情期のメスに会えば匂いで興奮します。

またメス犬だけでなく、ぬいぐるみや毛布などにでも腰を振り射精することもあります。

こっちが上なんだぞ!!

犬同士の場合には、相手より優位に立ちたいという気持ちの表われです。犬同士の序列の確認でもあります。

同性の犬に行い相手の上に乗るだけで腰を振らない行為になります。

興奮や自己アピール

興奮するとマウンティングするクセが抜けない犬もいます。人に対して行う場合には、遊んで欲しい、構って欲しいという心理からです。

マウンティング時の表情は柔らかく、構ってあげたり遊んであげたりするとおさまります。ですが「マウンティングをする」=「遊んでくれる」と犬が認識しない様に、マウンティングはすぐに離して無視をしましょう。

なかなかマウンティングがなおらないという場合には!?

フンド柴フンド柴

散歩中に誰かと会って立ち話をしていたら、いきなり自分の足元で腰を振り出したら恥ずかしいですよね。相手にしてしまえば失礼です ^^;

どこに出しても恥ずかしくない愛犬に育てるなら犬のしつけガイドも読んで下さいね🐶

犬のしつけパーフェクトガイド!動画21時間🐶

犬の心理が分からない… 犬のしつけで困っている… など犬を飼えば必ず直面する問題ですよね。

一般的なペット犬ならばしつけさえ間違えなければ楽しい生活が待っていますよ。可愛いがるだけでは飼えません。

まずは下記の記事から1分ほどの動画をご覧ください。問題行動も一瞬で治っちゃうんですよ!

犬のしつけ