犬イタズラ

犬は家の中でイタズラをすることも多々あるかと思います。

例えば置いていた「物・リモコン・メガネ・スリッパ・靴・本や雑誌」などを噛みちぎったり壊したりと…この犬の行動には次のような心理が考えらます。

犬がイタズラをする原因
  • 注目をされたくてイタズラを繰り返す
  • イタズラをすれば構ってくれると思っている(怒られている認識がない、もしくは分かってわざとやっている)
  • 退屈で飼い主に遊んでほしいから
  • 噛んで狩りをするという犬の本能
  • ストレスによるものなど

まずは犬が届くところに壊れてはいけない物を置かない

犬のイタズラ

犬のイタズラ

犬のイタズラ

上記はインクを踏んで家中が大惨事になってしまった家です。外出時は特に物を不用意に出しっぱなしにして置いてはいけませんよ。

今回はインクを踏んでしまったというケースですが、犬が物を噛んだり咥えて走る行為は元々の本能行動( 生得的 )に由来しています。

  • 物を噛む行為はアゴを鍛えて狩猟に備えるため
  • 物を咥えて走るのは捕らえた獲物を運ぶため

になります。次は本能的ではないケースのご紹介です。

飼い主に追いかけられるのが楽しいケース

スリッパや靴など飼い主が困ってしまう物を対象としている場合には「飼い主の気を引こうとしている」可能性があります。

飼い主が追いかけることが犬には楽しくてしょうがないんですね。飼い主を追いかけっこに誘っているんです。

素材が似ている物はおもちゃだと思い込む

他の記事でも触れましたが、犬の視力は0.2~0.3ほどで良くはありません。また視力だけでなく色覚も弱いと言われています。ですので匂いや噛み心地で物を識別しています。

似ている素材では「おもちゃ」と「噛んではいけない物」の区別ができすに、噛んではいけない物を噛んでしまうことがあるんですね。

最後はストレスによる要因です。

散歩の時間が足りなかったり運動不足になると、犬はストレスになり家で暴れて物を壊すなどの問題行動が出てきます。小型犬は家の中でも代替え的に運動は可能ですが、特に大型犬は運動不足になればその傾向が強く出ます。

フンド柴フンド柴

犬の行動や心理についての答えは一つだけではありません。その個体によっても違います。

犬の心理やしつけについてもっと知りたい!そんな場合にはコチラの記事も読んで下さいね🐶

犬のしつけパーフェクトガイド!動画21時間🐶

犬の心理が分からない… 犬のしつけで困っている… など犬を飼えば必ず直面する問題ですよね。

一般的なペット犬ならばしつけさえ間違えなければ楽しい生活が待っていますよ。可愛いがるだけでは飼えません。

まずは下記の記事から1分ほどの動画をご覧ください。問題行動も一瞬で治っちゃうんですよ!

犬のしつけ