ハーネスの使い方

ハーネスと言えば「中型犬~大型犬」が付けているイメージですが小型犬にも使える「胴輪」になりますよ。チワワからゴールデンレトリバーまでが活用しています。

イメージ的には首輪よりも ハーネス の方が犬へのストレスが軽い気がしますが実際にはどうなのでしょうか?

イギリスの「ウエストイングランド大学の動物福祉科学チーム」の実験によると、首輪よりもハーネスのほうが犬へのストレスが少ないというデータは見出されなかったという結論に至っています。

精神的な違いはありませんが、身体的にはハーネスの方が「首への負担が少ない」です。

実験内容

首輪グループ15頭とハーネスグループ15頭の合計30頭が実験対象です。その首輪とハーネスが犬に与えるストレスの度合いを比較する実験です。

両グループとも飼い主と一緒に20分間散歩を行います。その間に犬が見せるストレススコア(犬が不安な時に見せるカーミングシグナル)をカウントします。

その結果としてカウントされたストレススコアに大きな違いは見られませんでした。

ハーネスを簡単に付ける方法

ハーネスを嫌がって付けさせてくれない… そんな飼い主さんの悩みもこれで解決ですよ。

足を通して背中で止めるタイプよりも「頭を通して体で止めるタイプ」の方がおすすめです。

足を通して背中で止めるタイプは犬が引っ張っると「背中の方が緩む ⇒ 頭が抜ける ⇒ 足が抜ける」となってしまうからです。簡単に言えば「抜けやすいハーネス」と言えます。

おすすめのハーネス

頭から通すタイプは抜けにくいです ↓

おすすめのハーネス

今度はハーネスを付けようとすると暴れて付けられない… そういう場合にハーネスを簡単に付けるコツです。おやつをやりながらハーネスを付けていきます。

ハーネスの付け方

ハーネスの付け方のコツ

おやつを与えながらハーネスを犬の方へ動かすのは良くありません。そうすれば引いて逃げるケースがあります。コツとしては「おやつを持っている手を手前に引き、犬の頭の方を引き寄せる」ようにします。

できればおやつを食べている隙にハーネスを装着させられれば良いです。装着後には褒めてあげます。

本当にハーネスを嫌がる犬でやってみます🐶

ハーネスを嫌がる犬

今度はガチハーネス嫌いのミックス犬「あかりちゃん」です。おやつを食べるのも速いんです!おやつを食べればすぐに逃げてしまいます。

そういった場合には伝家の宝刀「 コング 」の出番です!

ハーネスを嫌がる犬

ハーネスを装着しても、なお「 コング 」に夢中ですね ^^ /

ハーネスを嫌がる犬

フンド柴フンド柴

ハーネスはベルトタイプの物から洋服タイプの物まで色々あるワン!サイズもありますので、紐を利用してその紐の長さをメジャーで測ると良いワン!

コングの作り方は、下記の「仔犬の甘噛みの原因と簡単に直す方法は!?」の記事でご紹介していますワン!

人気があるハーネスを楽天市場で見てみる

犬のしつけパーフェクトガイド!動画21時間🐶

犬の心理が分からない… 犬のしつけで困っている… など犬を飼えば必ず直面する問題ですよね。

一般的なペット犬ならばしつけさえ間違えなければ楽しい生活が待っていますよ。可愛いがるだけでは飼えません。

まずは下記の記事から1分ほどの動画をご覧ください。問題行動も一瞬で治っちゃうんですよ!

犬のしつけ