チワワ

チワワの特徴や飼う上でのポイントを掲載していますよ。

チワワは「世界で最も小さな犬」と言われ、活発で好奇心旺盛な性格です。飼い主にはよく懐き甘えることも多く、神経が細かい個体もいます。チワワがブレイクしたのは2002年~のアイフルのCMでの潤んだチワワからです。

スムースコート(短毛)とロングコートの種類でロングコートの方が人気ですよ。ロングコートは毎日ブラッシングしてあげると良いです。

スムースコートはやや神経質、ロングコートはおおらかでのんびりという特徴があります。

仔犬の頃には 低血糖 を起こすこともありますので、低血糖を起こして倒れたら「砂糖水・ハチミツ・ガムシロップ」などをスプーンであげて下さい(1~2ml)口が開けられないなら唇をめくって歯茎に塗り込みます。

チワワで多い病気は「鼠径ヘルニア」で鼠径部は両足の付け根のことです。足の付け根の隙間が広がって、内臓が外に押し出される病気です。

飼いやすい犬種のチワワ

View this post on Instagram

 

1枚目のにやっと感好き🤣♥️ ——————————————————— #いつかの写真

𝑷 𝑶 𝑵 𝑻 𝑨さん(@_0731ponta_)がシェアした投稿 –

原産国 メキシコ
体高 ♂♀ともに12~19cm前後
体重 ♂♀ともに1~2.7kg以下
毛色 あらゆる色あり
飼い主への忠誠心 5.0
しつけのしやすさ 3.0
無駄吠え 4.0
食事のグルメ度 3.0
他犬との融和性 2.0
必要な運動量 1.0
丈夫さ耐病度 3.0
グルーミングの必要度 2.0
チワワの散歩時間や回数は!?

チワワは活発で俊敏性もあり体が小さいので室内でも十分な運動が出来ます。外への散歩は気分転換に数日置きで1回15分程度(1km程度)で大丈夫です。ただし全く外へ散歩に出かけないのはいけません。散歩は運動目的以外にも「社会化・ストレス発散・日光浴」などのメリットがあります。

チワワの抜毛はどうなの?

室内で犬を飼う上で気になるのが抜毛ですよね。チワワはスムースコートとロングコート関係なくも抜毛は少なくありません。小さな体のわりには抜毛が目立ちます。ブラッシングで抜け毛を落としてケアしていきましょう。

基本的に トリミング は不要です。カットが不要というのは毛がずっと伸びる訳でなく、ある程度で生え変わっていくからです。生え変わるということはそれだけ抜毛になるという訳ですよ。

チワワは ダブルコート が多いですので 換毛期 には 抜け毛ケア をしてあげると良いですよ。

チワワを飼う上でのポイント

チワワ

体が小さいために厳しい暑さや寒さには弱いです。適切な室温が必要になります。

また他の犬種ではなくチワワ同士で遊ぶのを好みます。チワワは小さいために「内弁慶」になりやすいこともあります。小さな頃から色々な人間と接したり外の世界と触れ合うと良いですよ。気分転換のお散歩でそういう機会も出来ますよ。

手のかからない抱き犬のイメージですが、実際には勇敢な性格で活発ですので「無駄吠え」をさせないしつけが重要になります。周囲への迷惑やかなり高い声ですので吠え続けられると嫌だと思います。

管理人管理人

しつけがしっかりと出来れば本当に飼いやすい犬種になりますよ。小さいことと痩せていることは違います。チワワを選ぶ時にはお尻が下痢でただれてないかもチェックしましょう。

小さな犬が好きならばピッタリな犬種ですよ。

フンド柴フンド柴

犬のしつけに自信がない場合には「犬のしつけパーフェクトガイド」にしつけに関する情報を掲載していますワン!

管理人管理人

貴重な病院での様子ですね。ちなみにうちの犬は成犬ですので1年間に病院に行くのは「4月に 狂犬病 の予防接種、5月に フィラリア の予防接種と飲み薬」だけですね。

フンド柴フンド柴

犬や猫を一度でも飼ったことがあるならば、やった経験があるのが「握り屁ぇ」ではないでしょうかwww

犬のしつけパーフェクトガイド!動画21時間🐶

犬の心理が分からない… 犬のしつけで困っている… など犬を飼えば必ず直面する問題ですよね。

一般的なペット犬ならばしつけさえ間違えなければ楽しい生活が待っていますよ。可愛いがるだけでは飼えません。

まずは下記の記事から1分ほどの動画をご覧ください。問題行動も一瞬で治っちゃうんですよ!

犬のしつけ