ボーダーコリー

ドッグ界で一番賢い犬種とされる「ボーダー・コリー」の性格や特徴、飼う上でのポイントを掲載していますよ。

ボーダーの名称は、原産地が「イングランドとスコットランド」そして「イングランドとウェールズ」の国境(ボーダー)地域であることに由来しています。

ブリティッシュコロンビア大学の研究で全犬種で最も知能が高いとされる犬種です。一般的な犬の知能は2~3歳程度と言われていますが、ボーダーコリーの知能は2~5歳と言われています。幼少期では1歳でもだいぶ差がありますので凄く賢いことが分かります(もちろん人間と同じで個体により知能の幅はあります)

8世紀頃にスカンジナビア半島を中心に活動していたバイキング(海賊)がイギリスに持ち込んだトナカイ用の牧畜犬が「ボーダー・コリー」のルーツになったと考えられています。

牧羊業が下降方向になっているイギリスでは、多くの牧羊犬がショードッグへと移行した歴史があります。ですが「ボーダーコリー」は今でも現役の牧羊犬と活躍する ハーディンググループ の犬種ですよ。

ボーダー・コリーの性格や特徴は!?

原産国 イギリス
体高 ♂53cm前後で♀はやや小さい
体重 ♂♀ともに22~25kg
毛色 黒・白&褐色・灰・青・ブルーマールなど 犬の色一覧
飼い主への忠誠心 5.0
しつけのしやすさ 5.0
無駄吠え 1.0
食事のグルメ度 3.0
他犬との融和性 4.0
丈夫さ耐病度 5.0
ボーダーコリーの散歩時間や回数は!?

運動好きで牧羊犬としての体力もあります。朝夕に牧羊犬として働き昼は昼寝をして生活していた犬です。散歩は1日朝夕2回それぞれ1時間以上は行いたい犬種です。

ボーダーコリーの抜け毛について

被毛は ダブルコート ですので抜け毛は少なくありません。
毎日の散歩の後でブラッシングを行い 換毛期 には 抜け毛ケア をしていきましょう。

ボーダーコリーを飼う上でのポイント

ボーダーコリー

縄張り意識と責任感から番犬にも適しています。

知能が優れ記憶力もあります。訓練力も高くて飲み込みも早いです。頭を使って何かに取り組むことも好きな犬種ですので、ドッグスポーツなどを行うとやりがいと喜びを感じて真価を発揮する犬種です。

ボーダーコリーの注意点

非常に賢いですので、躾をしなくても勝手に色々と覚えてくれると思うのは大間違いです。動物的な知能ではなく極めて人間的な知能であると言われています。そのためイコール扱いやすいとは限りません。幼犬期のしつけが非常に重要になります。

躾をしなかったり飼い主をリーダーと認識しない場合には「悪知恵が働きズル賢い」ワガママな面が出てしまいます。またわざと困るような悪さを意図的にしたりする場合もあります。近年では特性や能力について十分学ばずに飼育し、扱いや飼育困難から手離される犬も増えています。

しつけがしっかりと出来ないなら手に余ります。ですが当たり前に躾を行えば賢いので躾はしやすく従順なパートナーになってくれます。躾をきちんと行えば「無駄吠えも少なく」飼いやすいと言えます。

フンド柴フンド柴

ボーダーコリーは「シェットランド・シープドッグ(シェルティ)」同様にフリスビーで遊ぶことも可能な犬種ですワン!

そんなフリスビーのトレーニング方法も下記の動画で紹介されているワン!

管理人管理人

ボーダーコリーを飼いたい!そんな場合には「犬のしつけ方法 動画で分かるパーフェクトガイド」を参考にして下さいね。

これを真似して実践するだけで、一番賢い犬種と言われるボーダーコリーもしっかりと躾が出来るようになりますよ🐶

犬のしつけパーフェクトガイド!動画21時間🐶

犬の心理が分からない… 犬のしつけで困っている… など犬を飼えば必ず直面する問題ですよね。

一般的なペット犬ならばしつけさえ間違えなければ楽しい生活が待っていますよ。可愛いがるだけでは飼えません。

まずは下記の記事から1分ほどの動画をご覧ください。問題行動も一瞬で治っちゃうんですよ!

犬のしつけ